サイトへ戻る

太陽光発電は地球環境にも優しい!

皆さんこんにちは、SUNDAY HOMEです!

今日はここ大須も晴天で気温は24度もあり暑く感じます。

街ではジャケットを羽織っている方も少なくなり、春到来間近ですね!

暖かくなってくると同時に太陽光発電システムを設置されているオーナーさんは発電量も増えてきてるのではないでしょうか^ ^

今日は環境にも優しい太陽光発電についてお話ししたいと思います。

現在ここ日本でも太陽光や風力などをいかした再生エネルギーが主力エネルギーになるべくシフトしていますが、未だ世界のエネルギーは石油や石炭の化石燃料に依存しています。

この石油や石炭などの化石燃料はあらかじめ量が限られており、将来的には枯渇すると言われています。

その時に必要になるのが「再生エネルギー」になりますね。

また、「化石燃料」を使いつづける問題点は他にもあります。

ここ何年かで特に大きく報じられるようになり、多くの方々も知ることとなった「地球温暖化」問題です。

地球温暖化は、化石燃料を使用するガソリン車などから発生する二酸化炭素によって進行していきます。

電気自動車のリーフなどはこれからどんどん増えていくと思います。

また海外ですが、2030年までに全ての車を電気自動車にすると発表がありました!

太陽光発電システムは、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない「クリーンな発電技術」として普及した側面もあるのです。

二酸化炭素などの温室効果ガスを排出せずにエネルギーを作ることができる太陽光発電システムは、大きな役割を果たすために普及が進んでいます。

 

なんと71%も削減できるんですよ!

また、化石燃料に依存した現在の社会システムから、再生可能エネルギーを最大限活用した社会システムに変化することによって、エネルギーが枯渇する心配がなくなります。

原発廃止へも欠かせない太陽光発電システム。

日本が東日本大震災で目の当たりにしたのは、津波の脅威だけではありませんでした。目に見えない放射能の恐ろしさや、廃炉の難しさなど、「原子力発電所」に対する不安大きくなりました。

事故が起これば農作物や漁業、地域に甚大な影響を与えてしまう原子力発電所は、地球温暖化よりも直接的な環境被害を及ぼしてしまう可能性があります。

もし、今後原発に依存しない社会を目指すのであれば、太陽光発電システムをはじめとした再生可能エネルギーは不可欠な存在になっていきますね。

今日はちょっと難しいお話になってしまいましたが、未来により良い環境が残せるよう、

SUNDAY HOMEも取り組んでいきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^

Happiness to everyone...

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK