サイトへ戻る

太陽光発電システムはお得?それとも損?その5

皆さんこんにちは、SUNDAY HOMEです!

弊社は名古屋の大須に事務所があり、お昼ご飯を外で食べるときは大須商店街に行きます。

 

さすが大須、美味しいお店が本当に多いので迷ってしまいます笑

最近始めたインスタグラム(遅すぎる笑)に、少しづつですが美味しいお店もアップもしていますので、良かったら見てくださいね👉sundaydesignin4

さて前回は太陽光発電システムの設置費用はいくらかかるの?についてお話ししました。

今回は売電VS消費についてお話しします。

あこの2018年以降は、売電するべきか、自家消費するべきか、どっちがお得?と皆さんからよく質問をもらいます。 

太陽光発電システムは本来は『住宅設備』というカテゴリーにありますが、普及促進のためにメディアなどにより、いつからか『投資商材』にカテゴリーが変わってしまいました。

今後も投資商材として側面もありますが、本来の住宅設備にカテゴリーが戻り、『投資から、自家消費』に設置目的が変わります!

その理由として、電力会社からの購入電力が、太陽光発電システムの売電価格よりも高額になりつつあるので、利益を最大化するために発電し蓄え消費するが主流になり今、転換期に差し掛かりつつありますね。

皆さんここで質問です!

ここ4年間で電気代は何%値上がりしているでしょうか??

正解は、、、35%です!

4年前は10000円だったのが、今は13500円かかってます!すごく上がってますよね!

正解された方はかなり鋭い勘の持ち主か、日々の光熱費にしっかり目を光らせてますね笑

今後も電気代の上昇は続くことは間違い無く、太陽光発電システムのオーナーさんは電気を貯める家庭用蓄電池が必要な時期です。

まだ未設置の方で上がり続ける光熱費の削減を考えているご家庭様は太陽光+家庭用蓄電池で、売電+貯める+自家消費の次世代システムの導入も検討してみてはいかがでしょうか!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^

次回は太陽光発電は未来の環境にも優しい再生エネルギー!についてお話ししたいと思います。

 

Happiness to everyone.

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK