サイトへ戻る

エコキュートってどうなの?その5

経済メリット編

テキストを追加する

皆さんこんにちは、SUNDAY HOMEです^ ^

最近は日本大学アメフト部によるタックル問題がニュースで毎日報道されていますね。

先日、日本大学アメフト部の監督とコーチの会見があり、残念ながら司会を務めた広報の方の進行がどうなんだという点に注目が集まってしまいましたね。

そこは問題の本質とは違う部分なので置いておいて、選手が話している内容と、元監督、元コーチの会見内容が一致しませんでしたので、質問で『選手が嘘をついているのですね?』

と監督、コーチに問いただすと、選手の言っていることは合っているとの回答で、かなりうやむやで今回の会見では、大きな意味のあるものにならなかったという印象でした。

今後の動向がさらに注目されますね。

さて今回はエコキュートの経済メリットはどれくらいあるのか、具体的に数字でお話ししたいと思います。

エコキュートは、ヒートポンプ方式により、外の空気に含まれている熱を利用してその熱でお湯を沸かします。

そのため、投入するエネルギー量よりも大きな熱量を生み出すことができる給湯器として使用する電気量を削減することができます。

電気温水器とエコキュートの消費エネルギー量を比較すると、およそ1/3程度の電力でお湯を沸かすことができるとされています。

エコキュートでは、電気代が安い深夜電力を使ってお湯を温めるため、都市ガスと比較しても1/5以下のコストでお湯を沸かすことができます(九州電力調べ)

しかし、月々の光熱費がお得といっても、エコキュートは初期費用が高い!と思われている方も多いのではないでしょうか?

しかし、エコキュートは、月々のランニングコストが大幅に削減できることから、都市ガス給湯機や石油給湯機より高額であっても、数年間でその差額を取り戻すことができ、以後はお得になるだけです。

 

エコキュートってどうなの?について5回にわたりお話しさせていただきました。

 

皆さんの光熱費削減のアイデアの一つとなれば良いなと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^

 

Happiness to everyone...

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK